TWO-ONE STYLE
TWO-ONEな暮らし TWO-ONE STYLE
トピックス 店舗検索 取扱商品のご紹介 イベント&サービス TWO-ONEな暮らし お問い合わせ
名刀の輝きを追う!【よもやま話編】

 「日本刀」には、“妖刀”と言われるものがある。もともと「刀匠」が打ち上げる「日本刀」には、作り手の鬼気迫る“一刀入魂”の技が込められている訳で、単なる殺傷兵器にはない“思い入れ”と“美しさ”が宿る。そんな、「刀匠」の“思い”とその刀の所有者の“運命”が時に交錯して、人々に“妖刀”と噂されてしまう事があるのだ。江戸時代に、最も有名になった“妖刀伝説”と言えば、「村正」にまつわるものだろう。「村正」は、伊勢国桑名の刀工一派が作刀した“名刀群”であり、その切れ味については超一流の誉れ高い。従ってこれを所望する者は数多く有り、その作刀数もかなりだと思われる。ところが、ここに都市伝説とも言うべき噂が広まった。どうやら名刀「村正」は、「徳川家」に仇成す“妖刀群”だと言うのである。というのも、「徳川家康」の祖父「松平清康」はその家臣によって切り殺されたのだが、その時使われた刀が「村正」だったのだ。更に、「家康」の父「松平広忠」も家臣に切りつけられた傷がもとで世を去ったのだが、この時使われた“脇差”が「村正」だった。「家康」自身も、長い人質時代に“小刀”で手を負傷したが、これも「村正」だった。ここまで来ると事の真偽も定かではないが、「家康」の正妻「築山殿」と長男「松平信康」が「織田信長」に嫌疑を掛けられ切腹した際に、介錯に使われた刀も「村正」だったと言うのである。更に話には尾ひれが付いて、“大坂夏の陣”の際、徳川側の陣営に単騎で乗り込んだ「真田幸村」が、「徳川家康」に向かって投げた“短刀”も又、「村正」だったとされる。単なる噂と片づければそれまでだが、天下統一の只中ともなれば“反徳川”の人々もまだまだ多く、「敵の敵は味方」とばかり、徳川に仇成す「村正」こそ、“反徳川”の“守り神”という意識が有ったのだと思う。江戸幕府の末期、討幕を目指す者達もこぞって「村正」を所持したがったという。

 最近の「日本刀」ブームの火付け役になった“刀剣乱舞”の魅力と言えば、刀を擬人化し、ミュージカルにせよ、アニメにせよ、ハッとするようなイケメンをそれぞれの「日本刀」のキャラクターに配して際立たせた事だろう。もともと、「日本刀」は個性的でそれぞれが“唯一無二”の魅力に溢れている。一振り毎に姿形が驚くほど違い、鞘(さや)や鍔(つば)、柄巻(つかまき)等も含めれば、全く同じ物は世に二つと無い事が、所有者の満足感を高めるのに寄与していると言えるだろう。今では根強い「日本刀」人気を支えている“刀剣女子”と呼ばれる方々は、一振り毎に語られる名刀の伝説や逸話、そして刀が実在している事に魅力を感じているらしい。日本刀単に擬人化されたキャラクターのファンから、実際の「日本刀」のファンへ移行する人々が数多いのも、「日本刀」の魅力が深くて、決して表面的な一過性のものではないことを示していると言えるのではないか。

 元来 、“命のやり取り”に使われた「日本刀」が、平和な世の訪れと共に最高の“美術品”という評価を得て、私達現代人の眼を楽しませてくれる。名立たる刀匠達が正に命を削って打ち上げた“名刀”の数々に出会う時、研ぎ澄まされた波紋の美しさに見とれながら、その刀の故事来歴に思いを致すのも一興であろう。 

文 国影 譲
  このページの先頭へ  
   
ホームセンターナフコのサイトへ HOMEへ TWO-ONE STYLEトップへ TWO-ONE STYLEトップへ