Home Center NAFCO
店舗検索
ホームセンターTOP トピックス 店舗検索 取扱商品のご紹介 イベント&サービス 一期一会のある暮らし お問い合わせ
一期一会のある暮らし
一期一会のある暮らし
“京の夏、”祇園祭”に浸る!”

  京都市右京区にある「大雲山龍安寺(だいうんざんりょうあんじ)」と聞いて、「ああっ、あの寺ね。」とピンと来る方は、なかなかの京都通と言えるだろう。
ただ“枯山水の石庭”で有名な、と付け加えれば、日本人で知らない人は少ないかもしれない。おそらく社会や歴史、或は美術の教科書などに、その“石庭”の写真は載っていたのではないだろうか。世界的にも1975年に英国のエリザベス女王が訪日された折に「Rock Garden」として取り上げられ、その名が広まった。1994年に“世界遺産”にも登録されたこの名刹(めいさつ)は、臨済宗妙心寺派の寺として、1450年に“応仁の乱”の東軍総帥だった「細川勝元」によって開山された。一旦その伽藍は消失してしまったが、1499年に「勝元」の息子、「細川政元」と住持「特芳禅傑」によって、現存する“方丈”という建物が建立され、同時期に“石庭”、更に茶室“蔵六庵”が造られたと伝わる。“石庭”は、幅25m、奥行き10m、約75坪の広さに大小15個の石が配置され、白砂が敷き詰められており、そこには水の流れや水紋がくっきりと浮かび上がっている。

  “石庭”にまつわる話として有名なのが、“方丈”の廊下に座って眺めると、石は重なってしまって、15個全ての石を同時に見る事は出来ないという事実だ。
これは、常に自分に足りないものを自覚せよという戒めだという説もあるし、又、世の中に完全なものは存在しないと認めよとの教えであるとも解釈されている。

  「龍安寺」で“石庭”と並んで有名なのが、茶室“蔵六庵”の露地(茶室の前にある庭のこと)にある蹲踞(つくばい、茶室に入る前に、手や口を清める為の水を湛えておく石)だろう。
“水戸黄門”で有名な「水戸光圀」が、“大日本史”を編纂した折、「龍安寺」が貴重な資料を提供したことに対するお礼の品らしい。これを「知足のつくばい」と言う。石の中心の、水を湛える穴は「口」という字になっており、それを囲む全ての字に「口」を足すと「吾、唯、足、知」となる。「吾(わ)れ、唯(た)だ、足ることを知る」と読み、“石庭”にまつわる教えと呼応して、完璧なものなど無い事を認め、自らに与えられた状況に“充足感”と“感謝の心”を持てとの教えだという。なるほど常に他者との比較の中に生き、妬み(ねたみ)や嫉み(そねみ)に身を焦がせば、どこまで行っても心は休まることが無いだろう。比較する対象は、他者ばかりとは限らない。 例えば“過去の自分”であったり“過去の業績”であったりする。“過去の栄光”が今この時に 暗い影を落としたり、“前年対比”などという得体の知れぬ数字が正常な判断を狂わせることもある。釈尊はもう一つ、この言葉「吾れ、唯だ、足ることを知る。」に重要な意味を持たせたとある。それは“むさぼる心を捨てよ!”である。

 2030年までにAI(人工知能)によって現在の仕事の47%は無くなってしまうと言い、なぜAIかと聞けば“生産性向上”のためだという。又、世界の富豪上位8人の資産の合計は、地球上に住み暮らす他の36億人の資産の合計と同額だという。更に、自国の民を潤すために、他国への攻撃をいとわぬ為政者も居る。 何かが、おかしくないか。“むさぼる心を捨てよ!”は現代への警鐘でもある。

文 国影 譲

前のページへ戻る このページの先頭へ
FAQ プライバシーポリシー HOMEへ TWO-ONE STYLEへ